読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Asterisk - アスタリスク -

説明するほどでもないブログ

感じたことを、そのままに。

どうも。

"感じたことを" 意味深ですねぇ(*゚∀゚)

とりあえず、置いといて・・・

本日、仕事で感じたこと。

プロジェクトチームにて、昔の私がいることに気づきました。

  • 声が小さい
  • ハッキリ喋らない
  • 意見を上手く伝えれていない
  • タスクに費やす時間を言えない
  • 質問されて黙ってしまう
  • 何を理解していて、何がわかっていないのか言えない
  • コミュニケーションの意味を理解していない

と、誰しも一度は経験した?かもしれない、そんな人。(以下、Aさん)

完全に社会人として働き始めた頃の私でした。だから、何とか助けてあげたいなと思いましたが、立場や権限を考えると
そんな事できません。手持ちのタスクもある、それに年齢的には1つ年上?のようですし・・・。

リーダーさんのイライラも少しずつ蓄積されていく、そうなると私も機嫌をうかがいながら話をしないといけなくなる。
なんだかなぁ~って思っていると、いつの間にか残業エンドレスに突入、リーダーさんが帰ると、ある人が動き出した!
Aさんと同じ会社の上司でした。(以下、Sさん)

このSさん、Aさんの状況や進捗、何で悩んでいるのかを聞き、色々とサポートをしていました。確か年齢は30代前半の人。当然スキルは高いので、担当している作業も私からみると難度の高いもの。それでも自分の仕事を置いといて、後輩のために時間を使う・・・。

凄いなと、私が30代になったとき、Sさんのように後輩がいてサポートする立場になっているだろうか?
最低でも同レベル、いや、超えることを考えながら日々頑張っていきたい。


学ぶことは、沢山ある・・・そんな感じ。


以上です。