読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Asterisk - アスタリスク -

説明するほどでもないブログ

震災から3年とか言ってますが。

どうも。

「震災から○年たちました」っていうニュース、3月11日になる度にこれからも続くのでしょう。
だからどうってわけでもないけれど、

  • 故郷にもどるとか。
  • 原発がどうのとか。
  • 汚染水がどうとか。
  • 賠償責任とれとか。

その為に毎日頑張ってる人が、大勢いるはずなのに・・・、と思うんです。

時々、全然復興が進まないとか仰る人が取材受けてますね。
そもそも復興したと言える基準って何ですか。
校庭で児童を待機させたからって、責任とれって、何か間違ってる気がする。
放射能のせいで・・・東電さんに責任っていうのも、何かなぁーって。

数年で復興なんて、無理だろうって、戻れないだろうって、大抵の人は考えてるはず。
責任を受け止めた側から賠償金もらったところで、何も変わらないし、気持ちも治まらないはず。
原発や汚染水も・・・まぁ、この問題は色々と複雑だと思うけど。

結局、私が何を言いたいかと申しますと、最初にも書きましたが・・・
その為に毎日頑張ってる人がいるんだから、復興が~責任が~とか言わず、今どうすれば良いか、考えたらいいんじゃね?
もっと言うと、震災と言う便利な言葉を使って、国も含め、みんながグダグダしてるように感じてます。
当時ネットでも話題になった道路復旧のスピード、救助や支援するスピード、あの時テレビや新聞で見て、スゲーって
感じたスピード、今は出ないのですか。

そんな感じで、震災関連の報道をみてます。
っていうか、報道機関も毎年、変な使命感もって取材してますね。
おそらく、「3月11日が近づいてる、取材行ってこい!」みたいな会話、絶対あるでしょうね。


以上です。