読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Asterisk - アスタリスク -

説明するほどでもないブログ

アニメ「四月は君の嘘」をみた

どうも。

今回はアニメ「四月は君の嘘」を全話みました。

www.kimiuso.jp

もの凄くザックリ言うと、ピアニストとヴァイオリニストのお話です。
原作は読んでませんが、十分に楽しむことのできる作品でした。
作中ではクラシック曲がたくさん聞けます。
良い曲かどうかの理解はできませんがピアノとヴァイオリンの音は好きなので、それなりにって感じです。

私のように涙腺の弱い人は見るのを控えた方が良いと思います。
全22話ありますが、第13話「愛の悲しみ」以降、ほぼ鼻水止まらないです。大変です。
大抵のアニメでは、いわゆるハッピーエンドかと思いますが、この作品は違いました。
予想はしていましたが、本当にヒロインが亡くなるという最終回。
そして明かされる第1話から、この最終話に至るまでのヒロインの諸々の事実。
これでもかと視聴者の涙腺に攻撃してきました。凄い火力で。
ほぼ全ての攻撃をクリティカルヒットさせてくるから恐ろしいです。
いやらしい意味ではなく、純粋にティッシュが大量に消費されます。

BGMも聞きあきないもので良かったです。さすが音楽を使った作品だなと思いました。
OP曲、ED曲も良いものばかりです。最近のJPOPを聞くより、アニメで使われる曲の方が
歌詞の意味もしっかりしてるし、曲もちゃんとしてると思います。

実写化もされるようで。批判している人が多いらしいですが・・・私も批判する側でw
個人的には漫画やアニメを実写化する必要はないと考えます。
漫画やアニメだから表現できるものをリアルな世界にもってきてはいけません。
私はアニメの視聴後、実写化のサイトを見たら・・・

良い感情のまま終わったはずのスッキリ感が亡くなった ヽ(゜▽、゜)ノ
(これだから利益に走る奴は嫌いなんだよ・・・)


まぁ、それは置いといて。おすすめできるアニメなのは間違いないです。
毎度書いてますが、美少女キャラクターにハァハァするような作品もあります。
何らかの事件を起こした人がアニメ好きっていうだけで、冷たい目で見る人もいるでしょう。
でもこういう作品もあるんだと言うことの理解が少しでも広まればと思います。

因みに、作中では名言がたくさん出てきます。
それを聞くと、自分も頑張ろうって思えます。


以上です。